海外のなんでも屋の料金は日本と比べてどう?

公開日: 

日本ではなんでも屋と称して様々な雑用を頼まれてくれるお店があります。
いざという時に頼りになる存在なので、引越の際の手伝いや庭掃除など気軽に依頼することができるので便利な存在です。
海外でも同様になんでも屋という仕事があり、日本とは料金体系が異なっているようです。
日本と海外のなんでも屋について比較検討を加え、どのような違いがあるのか、料金設定には違いがあるのかについてみていくことにしましょう。
興味深い結果が得られるかもしれません。

なんでも屋の料金設定

日本のなんでも屋の料金設定は明確です。
人件費と作業料金に分かれており、大体1時間5千円前後で雇うことができます。
人手が欲しい時には大変便利な存在で、遠方からでも駆けつけてくれるので、近くになんでも屋がなくても電話やインターネットから依頼を申し込むことができて大変便利なのです。
ただ、人件費と作業料金、それに加えて交通費がかかるので、余り遠方からの依頼は費用がかかりすぎてしまうため、やはり近場で探すことが賢い選択と言えるのではないでしょうか。
道具を運搬する必要がある場合は、車両費がかかってきます。
依頼として多いのは、引っ越しの際の大きな荷物や家具の移動の手伝いから庭の除草作業、家の掃除など様々な依頼が来ています。
最近では、パソコンの組み立てやインターネットへの接続作業と言ったネットワーク関連の依頼も相次いでいるのです。
子供のベビーシッター代わりの依頼も受けてくれます。
とにかくありとあらゆる依頼に対応してくれます。

海外のなんでも屋事情

ヨーロッパなどではなんでも屋が古くから利用されてきました。
専門職に依頼するよりも安く利用することができるので、ちょっとした手伝いには便利に使うことができるのがなんでも屋の魅力です。
最近では、ペットの世話や家の掃除、そして食材の買い出しなど細かい依頼もウケてくれます。
ハウスキーピングサービスの代行を中心として請け負ってくれるので、その他にも庭師に頼むまでもない草刈りや庭の手入れなどを依頼することができるとあってヨーロッパでは便利に使っている人が多いようです。
東南アジアでもよろず屋という性格を持つなんでも屋は利用者が多く、また、格安で依頼することができることから引越の手伝いや粗大ごみの処分作業などの際になんでも屋を利用する人が増えているのが実情です。
東南アジアは料金が安いことが魅力であり、専門性はないものの便利に使うことができるとあって、人手が必要な時には気軽になんでも屋に依頼することが可能です。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑